SNSサポート右腕パートナー

ソーシャルの影響力について考える

一度ですぐ活用できるともらぼセミナーを開催する、iPhoneソーシャル講師の山田トモミです

最近「影響力」について考えます
話題にもなるしたまに影響力があるねといわれたりもします

嬉しいですがでもいったい影響力ってなんなんだろ?と思うのです

よくソーシャルの影響力を占めす数値として
「KLOUT」という指数があります
FacebookやTwitterやGoogle+などの活動で数値がでて
このKLOUTが高い数値だと多くの人に影響力があると
例えば有名人は数値の高い人が多いです

有名人でない一般人でもソーシャル上で
いろんな活動やちょっと工夫をすると高くなりトップ100にもなるという

もちろんこういった基準というのは必要ですし
そういうのが必要な人もいるというのはわかります

でもそれって本当に影響力があるのでしょうか?
正直言ってそれなら
その影響力をつかって何かに役立てて欲しいな
できるでしょ?と思ってしまいます

これは意地悪とかひがみではなく素直な気持ちです

私はそんなにKLOUTの数値は高くありません
別にそれでいいと思ってます

もちろん最初は気になるときもありましたし
なぜ高くないのか聞かれたこともあります
でも別にそれでいいとおもってます

影響力を使って多くの人に広めていくという役割も
もちろん必要ですし
メディア戦略では大切なことです

でもソーシャルの影響力って
どれだけ多くの人に拡散するかというより
最終的にはどれだけ一人の人に深い影響を与えられるか
だと思うのです

それは数値では表せるものではないし
そういう影響力を持てる人間になりたいなと感じています
sky2

8/20 【夏だ!祭りだ!】ともらぼトークライブ~山田トモミはどうやってソーシャルライフを築いてきたのか?

デジタルとアナログの間を行き来する、iPhoneソーシャル講師&リフレクソロジストの山田トモミでした
■ともらぼ:https://tomolabo.infoアドレス変更してます

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください