山田トモミプロフィール

限界を超えていくとどうなるかは体感しないとわからない

気持ちのハードルを飛び越える

自分はもうこれで限界といっても
人からはわからないし
もしかしたら自分が決めてるだけで
わかってないかもしれない

やったことないから
自分のキャパ以上だから

そうやって勝手に制限をかけてしまってる

もちろん毎回限界を超えることもないし
無理をすることもない

けれども時には限界を超えることも
大事なんじゃないかなと
思う場面もあったりする

今回しなやかフェスでは
チャレンジ企画というのがありまして

ナスケンという
ピアノなんて弾いたことない一人の農家が
家族の感謝のためにピアノを弾く
というチャレンジがありました

途中で間違えたら
もう次回のしなやかフェスには参加不可!

ナスケンは主催のしなやんと同じ四日市で
マルホナスやマルホコマツナを作り
しなやかフェスを支える重要な一人なのです

なのに!!

最初は順調でしたが
突然実行委員会から片手じゃなくて
両手でひくようにと急な変更が
一週間前にあったのです

正直わたしも楽器を弾けないので
気持ちがものすごくわかり
えーえーという気持ちでした

でもやるしかない

ナスケンの毎日のツイートやブログみながら
進捗状況をみてました

両手を一人だけでやるのは
限界があるから誰かに教えてもらう

教えてくれるのもありがたいし
それでやろうとするナスケンもすごい

結果は当日のステージで見事に成功!
ゆっくりだけど間違いはなかった!

チャレンジ企画を通して感じたこと

最初はナスケン自体が希望して
はじめたチャレンジだったけど
いつの間にかハードルを上げられた

どうしてそんなことするのかなと思ってたけど

これはわたしの勝手な想像ですが

途中までの過程で
片手だとかなり弾けるようになってたんですね
このままだと成功するし面白くない
だから両手でひくとギリギリまでハードルをあげた

と同時にナスケンならきっと
このハードルを越えてくれると
思ったからじゃないかなという信頼もあったからだと

自分のハードルを下げて
達成感をもつことも大事だけど

時にはハードルをあげて
自分の限界を超えていくことも大事だなと

そんなことを今回のチャレンジをみて
感じたのです

そして何よりもナスケンはすごいよ!!

限界を超えたからこそ
自分の限界を知ることができるし
もっとできることがあることもわかる

DJわいざんで踊りまくったときも
自分の限界を超えていたのを
自分自身感じましたけどねー

ではでは!

SNSを楽しく確実に活用できるともらぼを開催する
iPhoneソーシャル講師&逢いにいくITセラピストのトモミン
でした


ともらぼじゅくはこちらから

次回の大崎二人会は10・19
テーマは「情報整理力」です

◆次回の築地本願寺カフェは10・15→満席

■ともらぼ:https://tomolabo.info
よければいいね!、ツイート、よろしくお願いします~

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください