言葉について考えることは内なる言葉に目を向けること

書評書くのはかなり苦手ですが

こないだの読書会で
なぜこの本を持ってこようかと思ったかと言うと

とある人に勧められたのですが
アマゾンでポチってそのまま
家に放置してあったのです・・・

本を読みたいけど読めない本は好きなんだけどいつから読まなくなったんだろう正確にいうと読んではいるけど自分の理想には程遠い時間がないといってもあまりそれは理由...

無事30分で読めたので苦手だけど
アウトプットしておこうと思います

言葉には外に向かう言葉と
内なる言葉の2つがある

今みんな外に向かって発信することにしか
意識せずに目を向けすぎている

本当はもっと内なる言葉に
目を向けて行かなくてはならない

内なる言葉についてかなり
とことんつきめてます

でもなかなか内なる言葉と
向きあうことがない
考えてることをうまく説明できない

だから思考サイクルの時間が必要になる

T字型思考に慣れよう

そのなかで考えを進めるやりかたして
T字型思考法をやっていく

頭に浮かんだ言葉について
とにかく本当に?それで?なぜ?を
繰り返し突き詰める

これはなかなかしんどいとは思うけど
やらないといけないプロセスだよなーと
一番この辺りをじっくり読みました

そのあとの外に向かう言葉でも
言葉にするプロセスでは

電通コピーライターの
プロの目からの型やヒントがたくさん

知ってることも多いけど
テクニックというだけでは言い切れない

こんなにもとことん言葉について
向き合わないといけないと
感じさせるヒントが満載でした

とことん突き詰めるというのと

ふと感じたのが
内なる言葉を突き詰める作業は
逆算手帳での数々のワークに
通じるものがあるのかなと思ったり

自分の思いにとことん向かい合っていこう

思いの抽象度をあげて
言葉の解像度を上げなければー

ではでは♪


SNSを楽しく活用できるともらぼセミナー主宰
&逢いにいくITセラピストのトモミン
でした


オンライン学び場〜ともらぼじゅくはこちらから

マンツーマンハンドマッサージ講座「マノマノン」

11/27 ブログを毎日書き続けられるための習慣&書き方実践方法
〜毎日ブログが書けるようになった秘訣と
現役WEBライターの文章ワークのコラボ講座
→満員により2名増席!!

次回の大崎二人会
テーマは「情報整理力」です

◆次回の築地本願寺カフェは11/18→満席

■ともらぼ:https://tomolabo.info
よければいいね!、ツイート、よろしくお願いします~

tomolabo
【Yamada Tomomi:iPhoneソーシャル講師&逢いにいくITセラピスト】 1時間で1テーマ、すぐ活用できる講座「ともらぼ」主宰。 初心者向けにiPhone各ソーシャル・アプリ活用、セキュリティ、ネット関連の講座をを開催中。そのほか企業講師やHP作成、個人レッスンなど多岐に渡って活動。ITセラピストとしても活動中

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.11.13

SNSで設定が何よりも一番大事な理由

一度ですぐ活用できるともらぼセミナーを開催する iPhoneソーシャル講師の山田トモミです ずっとともらぼ言っていること とも…

フォローしてくださいね

twitter@tomolabo_

instagram@tomolabo

検索

ページ上部へ戻る