iPhoneが水没したときした5つのこと

一度ですぐ活用できるともらぼセミナーを開催する、iPhoneソーシャル講師の山田トモミです
年末にとんでもないことをしでかしたので
忘れないようにブログに書いておきます

iphoneを水没させてしまいました

長くiPhoneを持っていて初めての経験でした
やるべきことはわかっていても
その時になると人間慌てるものです
ちなみに酔っ払ってた訳ではありません

とりあえずの応急処置

まずはすぐさま取り上げて
電源とヘッドフォンの部分を拭きました

とりあえずこの時は画像もでて
ネットも繋がったので一安心したのですが・・・

翌日ふと動画を見ようとしたら・・音が出ない!!
音だしONにしてもヘッドホンの表示になってしまいます
いろいろ調べてみると

どうやらイヤホンのところに水がはいって
イヤホンが刺さっていると認識されているようでした
そこでお勧めされていた対策をしてみることに

対策その1:再度しっかり拭き取る

イヤフォンの部分をしっかりティッシュを細くして
よーく拭き取りました
あればキッチンペーバーのがいいみたいです

対策その2:言語設定を変える

これは根拠はわからないのですが
よく書いてあった方法でしたので
とりあえずやってみることに

設定⇒一般⇒言語と地域⇒iPhoneの使用言語から
なんでもいいので日本語以外をタップして
(Englishがいいと思いますが)
英語に変更をタップして
また同じような工程で(英語です)
General⇒Language&Region⇒iPhoneLanguage
で日本語にチェンジ

この時点ではまだだめでした

対策その3:再起動する

ベタですがとりあえずやってみました
あまりやりすぎないいほうがいいとおもいますが

対策その4:乾燥させる

ドライヤーでとか過激な方法もありますが

まずはジップロックなどに乾燥剤をいれて
ひたすら乾燥のがいいかと

まずは買いにいかないとー

対策その5:電源を0にする

途中で充電をしないで一旦電源を0にしてから
充電しなおすといいみたいです

そんなことをはじめていましたが

結果は・・

その3をやった時点でヘッドホン認識ではなくなり
無事復活しました~

でも何が効果があったかはよくわかりません
そのほかにもいろんな対策があるみたいで
教えていただいてありがたかったです

水没に軽いも何もないんですが
まあ軽い方だったみたいで
内部までには水が浸透してなかったようで
画面も大丈夫だったみたいです

カバーをしていたので
幸い本体にはあまり水がかからなかったのが
結果的によかったことに

まあそうなってしまったら
慌てずに対応するのが一番ですかね

その前に落とさないように気をつけましょう~

2016年の通常ともらぼはinstagram

「ともらぼvol.1 インスタグラムを活用しよう」

2016年はともらぼワークスタートします
ともらぼワーク1~ワンランク上の写真を撮ろう~【8名限定】

デジタルとアナログの間を行き来する、
iPhoneソーシャル講師&セラピストの山田トモミでした
■ともらぼ:http://tomolabo.infoアドレス変更してます

よければツイート、はてブよろしくお願いします~

tomolabo
【Yamada Tomomi:iPhoneソーシャル講師】
1時間で1テーマ、すぐ活用できる講座「ともらぼ」主宰。
初心者向けにiPhone各ソーシャル・アプリ活用、セキュリティ、ネット関連の講座をを開催中。そのほか企業講師やHP作成、個人レッスンなど多岐に渡って活動。セラピストと二足のわらじ。

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.1.8

私が数年ぶりの紙の手帳に逆算手帳を選んだ理由

一度ですぐ活用できるともらぼセミナーを開催する、iPhoneソーシャル講師の山田トモミです 手帳の目的とは ここ数年手帳を買ってませんで…

twitter@tomolabo_

instagram@tomolabo

ページ上部へ戻る